Web系エンジニアのアウトプット練習場

エンジニアリングと書評が中心。たまに全然関係無い話もします。

読書・書評

読んだ書籍の感想や書評など。

脳に眠る獣の力を利用して「ヤバい集中力」を手に入れよう

私は普段、エンジニアとして設計やコーディング、ドキュメントの執筆などとても集中力を必要とされる作業をこなしています。 ただ、どうしても集中力が続かず、優先度が低いにも関わらずワクワクするような作業を優先してしまうことがあり、場合によっては一…

先延ばし人間は「今すぐ」読むべき -ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか-

皆様新年あけましておめでとうございます。 今年もぼちぼち更新していこうと思っております。 さて、本来一発目の投稿は「今年の抱負」とかを書くべきなんでしょうけれども、先延ばしして気づいたら年末になっていそうな私です。 そこで、今回は「ヒトはなぜ…

「OAuth, OAuth認証, OpenID Connectの違いを整理して理解できる本」がとてもわかりやすかった件

とっても久しぶりの投稿になってしまったけど、生きてます。 さて、9/22に開催された技術書典7ですが、私は急用で行くことができませんでした。 いくつか物理本で欲しい本があったのですが、今回は諦めてBOOTH等で電子書籍版を買うことにしました。 今回、注…

時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」を読みました

今回は時間術に関する本です。 前々から「最近何かと時間を無駄にしてるなー、なんとなく集中できないなー」と思っているところに、こんなツイートが。 Twitterで「この本いいわよ」と書いたら、爆発的に売れたらしく、帯を書きました。自分がいいという→売…

「OKR本」を読んだ

最近、生産効率を上げるための目標の立て方について議論することが多かったので、最近話題のOKRについて勉強するため、「OKR本」を読みました。 OKR(オーケーアール)作者:クリスティーナ・ウォドキー出版社/メーカー: 日経BP発売日: 2018/03/15メディア: K…

「正しいものを正しくつくる」読んだ

ソフトウェア開発の現場において、「アジャイル開発」という開発スタイルはデファクトスタンダードになっていると思います。 「正しいものを正しくつくる」には、アジャイル開発で起きうる問題点と、筆者(市谷聡啓さん)自身の経験を元に得られた対応策・知恵…

「THE TEAM 5つの法則」読んだ

チーム開発においていかにチームの生産性をあげていくか、というのはどの業界でも永遠の課題であると思います。 特にIT業界では周りの環境の変化も激しく、人の流動性も激しいので、どのようにチームビルディングを行っていけばよいか、頭を悩ませる毎日です…

「EQ 2.0」読了。心の知能指数「EQ」を高める

皆さんは「EQ」または「EI」という単語を耳にしたことはありますか? 今回は、「EQ2.0」という本を読みました。 EQ 2.0 (「心の知能指数」を高める66のテクニック)作者:トラヴィス・ブラッドベリー,ジーン・グリーブス出版社/メーカー: サンガ発売日: 2019/0…

チームにスクラムを導入するために勉強したことと試したこと

最近チームにスクラムを導入したのですが、導入するまでに勉強したことと、導入してから試してみたこと、得られた知見等をまとめておきたいと思います。 スクラムとは スクラム(英: Scrum)は、ソフトウェア開発における反復的で漸進的なアジャイルソフトウ…

Googleも採用するマインドフルネス瞑想法とは?「マインドフルネスストレス低減法」を読んだ

マインドフルネスストレス低減法 以前から言葉としては聞いたことがあった「マインドフルネス」ですが、私はなんとなく興味が湧かずスルーしていました。 なんだかスピリチュアルな非科学的な響きがあったからでしょうか。 しかし、たまたま他の本を読んでる…

「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」を読んで人生観を見直してみた

流行語大賞2017にノミネートされた「人生100年時代」の元ネタとなる「LIFE SHIFT」を遅ればせながら読んでみました。 LIFE SHIFT(ライフ・シフト)作者:リンダ グラットン,アンドリュー スコット出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2016/10/21メディア: …

「アウトプット大全」を読んでアウトプットの大切さを再認識できた件

お久しぶりです。 「アウトプット大全」という本を読んで素直にアウトプットを試みる真面目エンジニアの私です。 皆さんは日頃アウトプットを十分に行えているでしょうか? 私はできていません(でした、といえるように本エントリーをしたためています) アウ…